錦江湾遊覧協会とは

協会設立の背景・ねらい

錦江湾は、桜島や開聞岳などの雄大な景観、変化に富んだ海岸線などの優れた自然資源を有する世界に誇れる貴重な財産です。
しかしながら、古くから観光の名所として知られてきた桜島や霧島、指宿等に比べると、錦江湾に対する理解や関心は、必ずしも高いものとは言えません。
世界的大不況といわれる今こそ、私たち県民・市民がもっともっと錦江湾に遊び、体験し、新しい暮らしや雇用をつくり出すことが必要です。
錦江湾の積極的な利活用を促進することにより、錦江湾に誇りと愛着を持って、いきいきとした個性豊かな生活を営むことができるとともに、その魅力にひかれて国内外から多くの人々が訪れるようになるのです。
新幹線全線開通を前にする観光産業の起爆剤として、錦江湾遊覧観光協会の設立をしました。

平成21年5月吉日

協会設立の目的

  • 錦江湾の自然資源を生かした仕事や暮らしの創造
  • 錦江湾の自然を生かした観光産業の振興
  • 錦江湾の自然と安全を護る
  • 鹿児島県が策定している「錦江湾みらい総合戦略」の推進

事業概要

  • 湾岸各地域の連携による錦江湾遊覧観光ルートづくり
  • 観光業者の連携事業の推進
  • 錦江湾遊覧観光のメニューづくり
  • 錦江湾を生かした各種イベントの実施
  • 錦江湾の資源を生かした産業プロジェクトの開発
  • 錦江湾の自然と安全を護るための事業
  • その他鹿児島県が策定する「錦江湾みらい総合戦略」に沿った事業

実施機関

錦江湾遊覧観光協会
事務局 鹿児島市清水町31-8
潮音館 099-248-5333

錦江湾遊覧観光協会 役員

理事長 株式会社 城山ストアー 代表取締役 池畠泰光
副理事長 株式会社 ペインターかわさき 代表取締役 川﨑恭資
副理事長 株式会社ランドアート 代表取締役 黒田清忠
顧問 鹿児島トヨタ自動車株式会社 代表取締役 諏訪秀治

このページのTOPへ