関係先の皆様へ

シンポジウムのご案内

平素より当協会の運営にご協力・ご支援を賜り誠にありがとうございます。
この度 錦江湾遊覧観光協会は2009年5月に発足し13年目を迎えることになりました。
この間、美しい錦江湾をフィールドとして「海遊び」に関係する事業者がクルーズ、ヨット、シーカヤック、釣り、自然体験、水族館、マリンジェット等多彩な楽しいプログラムを提供してきております。
当協会といたしましては、錦江湾を取り巻く諸環境の変化、またコロナ禍での厳しい事業運営の中ではありますが、

  • マイクロツーリズムの推進
    *地元・近隣地域からの修学旅行を含めた市場の増加等
  • 錦江湾内港湾設備改善の推進
    1. 桜島港浮桟橋の完成、本港区(水族館付近)の設置検討、鹿屋港浮桟橋の設置
    2. マリンポート岸壁の延長工事完成(22万トン級クルーズ船対応)

等々、「海遊び」を提供する環境も大きく変化しているところであります。

このような環境の中で先般、環錦江湾ネットワーク会長 郷原茂樹様から、当協会の現在までの取組、実施してきた体験事例の紹介・今後の展開について会員事業者より
発表をいただき、錦江湾を取り巻く観光関係の方々への紹介と合わせてご意見、アドバイスいただく場が必要ではないかとのお話をいただき、今回シンポジウムを開催することになりました。

関係者の皆様におかれましてはご多忙の折とは存じますが、地元の人々には「錦江湾と暮らす楽しみ」、国内・海外の旅行者にとっては「霧島・桜島・開聞岳そして錦江湾の壮大で美しい自然と海遊びの感動体感」を更に「質・量」のレベルアップに向けて協会へのご支援ご協力をいただきたく、宜しく参加の程お願いいたします。

錦江湾遊覧観光協会
理事長 池畠 泰光

「海遊び」で錦江湾の魅力再発見シンポジウムの開催について

日時
令和4年6月15日(水) 13:00~15:30
場所
レインボー桜島 会議室

参加申込

錦江湾遊覧観光協会事務局(担当増元)
TEL.080-2770-2680
メール:queen◎po5.synapse.ne.jp
※◎を@に変えてください。

参加申込書(PDF) 発表予定会員(原稿未)